色をテーマに「色が集まる、デザインが集まる、人が集まる!」

2019 第7回 BLUE展 ホールイベント

 

10/20(日)12:15~17:00

ホールドパフォーマンス in プチホール   

入場無料

 

No.1  12:15~12:45

弦楽カルテット/ブラン弦楽四重奏団

 

勝森 菜々(第一Vn)

辰巳 眞子(ヴィオラ)

田尻 彩乃(第二Vn)

森 百々恵(チェロ)

 

2016年京都市立芸術大学在学中のメンバーにより、結成。ブランとはフランス語で「白」という意味、真っ白で純粋な気持ちで音楽を学んでいきたいという彼女達の願いが込められています。年々成長しパワーアップしていく彼女達の演奏を今回もどうぞお楽しみください。

No.2  13:00~13:30

パラグアイハープ・アンサンブル / ラス・エストレリータス

 

野中 みさえ(パラグアイハープ)

 野中 一弘(ギター、クアトロ)

 

ラス・エストレリータスとは小さな星たちという意味です。パラグアイハープを主として、ギターやクワトロの伴奏で演奏します。たくさんの弦が、小さな星の集まりとなって、煌めき輝きながら、今回のブルー展オリジナル作品と中南米の名曲を、ゲストを交えてお届けします。

No.3  13:45~14:15

紙芝居二本上演/劇団どろんこ座

 

日南田 淳子

篠塚 浩

 

児童演劇の役者である篠塚浩さんと、アーティスト日南田淳子さん(ひなたじゅんこ)が、ご夫婦で紙芝居を主に活動している劇団です。園・児童館・図書館・高齢者施設・お祭り・イベント等々、日本中様々な場所に活動が広がっています。

https://www.facebook.com/doronkoza

No.4  14:30~15:00

マジック/北新地奇術倶楽部・イモピーズ

 

昨年につづきイモピーズさんが所属する北新地奇術倶楽部のメンバーとともに楽しいマジックを披露してくださいます。関西を中心にマジック愛好家が活躍する人気のサークルです。青色のマジックで今回は何が飛び出すのでしょうか?

乞うご期待!です。

No.5  15:15~17:00

ダンス&ミュージック / 真田久美ダンスユニット&EtoKaz&MORE

 

毎年ホールやレシピパーティーを盛り上げてくださっている真田久美ダンスユニット・/KUMI、はらまき、SAYUMI、Missyに昨年同様豪華ゲストもお迎えしてのステージです。

漫画家さんバンドのEtoKazu(エトカズ)/かづさ ひろし、えとう まさゆき、タカハシ マサヒロさんも今年で3回目。また3人は今回作家さんとしても出展してくださっています。

 

他にも様々なゲストをお迎えして、テーマカラーブルーのライブショーを是非お楽しみください。