色をテーマに「色が集まる、デザインが集まる、人が集まる!」

カラーパーティーウエストとは

ピンクからブラック、そしてパープルへ

カラーdeコミュニケーション

 

第2回カラーパーティー関西展は、新規出展者32名、2回連続出展者38名、

総勢70名の方々による「70色の黒」作品展になりました。


今回は知人友人の輪でつながった第1回展に比べ、

はば広く多方面から出展者を募りました。

結果現役学生3名を含め20代、30代が増え、最高齢70才代で男女構成比もほぼ半々。

まさに老若男女が集う“カラー de コミュニケーション“のコンセプトに

ふさわしい展覧会へと、少しずつパワーアップしています。

また、毎日新聞社さんからの取材も受け、大阪版に掲載される等、

注目度もアップして昨年以上に多くの方々にご来場いただき、大変嬉しく思っています。


昨年のピンクから今年のブラック。

2回の展覧会を経てあらためてそれぞれの色が持つおもしろパワー、

色の力を感じています。


創作過程からその完成作品が並ぶ展示空間まで……、

作家さんも来場者さんもピンクに触れた昨年は、

穏やかでやさしく幸せな気分になられた方が多かったのではないでしょうか。

それに比べ今回のブラック展では、活動的で強い気持ちになりパワー全開!

(半開も含め)(笑)ではなかったですか?


無彩色である黒には、色がないのではなく全ての色を吸収する懐の深さ、

力強さがあります。

 

色に性があるならば暖かく包み込むような母性、女性のピンクに対して、

たくましく力強い父性、男性ブラックという事になるのでしょうか…。

偶然にも対照的なこの二つの色ではじまっている関西展。


来年のテーマカラーは紫と決まりました。

パープル、さて次回はどのような色の力を私達はいただき、届けるのでしょうか?


色遊び、楽しいですね…。

色事、色気など日本語の“色“には少なからず艶っぽい意味も含まれ、

これは“color“という英語にはない日本独自の言語文化、まさに色力(いろぢから)ですね。

色彩のある平和な世の中を創造する…。

この展覧会を通して、地域に、社会に、全世界に色の力を発信し続け、

さらにパワーアップを目指していきたいと考えています。


今年も昨年以上に、多方面から、多くのご賛同、ご協力をいただくことができ

心より感謝しております。

そして共にこのカラーパーティー展を創り上げてくださった参加作家の皆様にも、

心よりお礼申し上げます。今後も変わらぬご支援をよろしくお願いします。


2冊目のこのブラック図録を、

どうぞ昨年のピンク図録の横にピッタリ納めてあげてください。

来年はその横にパープルが並びます。


                                2014年12月吉日

                カラーパティーウエスト事務局 代表  西川   美有紀

                                                             (2014 BLACK展 図録 あいさつ文より)

               2014 BLACK展の様子


Copyright 2014 COLOR PARTY WEST All rights reserved.